1917

夜中に一人で見ていたのですが 途中ドキドキして見れなくなるような 緊張する場面あり あり? ホラー映画ではないこの怖さは・・・ 何だ?? あほな私はしばらく気付かなかったのですが 主人公の目線で進んでいく物語だったのです (あ 今当たり前のことを言った感じがすごくする) え~っと・・これは戦争映画なのですが 二人の若い兵士が重要なメッセンジャーとなり 最前線の味方にメッセージを届けるお話でして カメラワークがほぼ彼ら目線なんですよ 激しい撃ち合いの中 豪の中から適地を 確認する時に顔を出すときも 彼ら目線なんですよ 私ってばもうドキドキ! キャー! 向こう側どうなってんの?? 待って 顔出して大丈夫なの? そしてあたりを見渡しても 敵がどこにいるのかわからない 彼ら目線ですから いきなり球が飛んできたりする 彼ら目線ですから これなかなかのスリルでしたね~ 見終わった後に 彼らのインタビュー動画を見たのですが やはりかなりのカメラ長回しで 二人のシーンが延々と続いて 監督たちもかなり遠くにいて カットの声が聞こえない距離だったとか そう そして彼らは無名の新人ですが だからこそ起用されたようです ちゃんと意図があったのですね レビュー評価はそんなに高くないですが 私はもう一度見たいなと思った映画です

最新記事

すべて表示

つぐない

これは・・ 何気にヘヴィ~な 少女あるあるですよ 空想好きな少女あるある 他人ごとではないなあと 下手すりゃ自分もつぐなっていたかも しれないなと ちょっと心が痛くなる 笑えないお話でしたね 何とも心に残ってしまった この  『つぐない』 物語の最初は 御屋敷の様子が映っていますが とても美しい情景です 大絶賛された少女役の シア