楮(こうぞ)栽培の落とし穴

最終更新: 1日前

【アレキサンダーの日記】


和紙の原料となる楮(こうぞ)の苗を植えたのだ。



ちまちまと工房の準備と並行しながら、



木を育てる場所、

いわゆる新天地を探しているのだ。

  

他にも育てている場所はあるのだが、

やはり新天地を探しているのだ。


そしてここ、

とても恵まれた土壌に楮の苗をせっせと

植えてみたのだが…



寒くなってきたけど良いお天気も続いた一週間後。


店主と一緒に様子を見に来たのだが…



『うわー!!食われてる!!』



ね?まだ青々とした葉っぱがついていたのにさ、


モシャモシャと食べられてるのがひと目でわかるよね。



枝先もほとんどガジガジされてるぞ〜



鹿か猪か、大きな足跡がボコボコあるし、掘り返そうとした様子もあった。



ワイルドだなあ、

楮に可愛そうなことしちゃったけど、



フェンスで囲った敷地の中ではあるが


さらに柵を巡らさないといけないのか?


店主はそこまでやるのかな?

なんか遠くをぼんやり見ているが大丈夫なのか?



まあいいや、天気もいいし、空気もうまい、俺は愛車と記念写真を撮らせてもらうことにする。(^^)

3回の閲覧0件のコメント
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

© 2023 by Primavera Studio. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now