楮(こうぞ)栽培日記 ②

~ 和紙の原料になる木、

”楮(こうぞ)”生育日記 ~


「うほ!!今回は食べられていないぞ!!」


前回、植えた楮の苗の葉が、

新芽が出るたびに

ガジガジガジガジかじられていた件。

【 ↑ 今回一枚も食べられていなかった!の写真 】



そう、前回までは、

新芽が出るとすぐにかじられて、

ちゃんと育つのがわかっているようで、

新芽が出たところで

またそこだけ食べに来ている感じを

ずっと繰り返していたのです



賢いなー!!と驚いてはいたのです


色んな動物がいますけど・・


おそらく、

犯人はアナグマくんが濃厚であろうかと

教えて頂きました


「せっかく植えて育てたジャガイモとか

根こそぎやられたよー!

柵したって穴ほってせめてくるからね!」

とのこと、


なるほど・・確かに根本付近に

2,3か所ぼこぼこと穴があいてたっけ・・

でも蛇穴っぽいしな~


こぶし大の足跡もいくつかあったっけな・・



う~ん・・自然は厳しい・・



諸事情により、

楮を囲うような柵は設置できないため、

謎の小動物に食べられないように

大きくなることを願っていたのですが


春になり、緑が増え、

食べものに不自由しなくなったのか、

葉先をかじられることがなくなったのです!!

 

楮たちよ、育つチャンスぜよ!

 

ここはかなり広い土地の一角なのですが、

広い外周は鉄の格子のフェンスで囲っているため

鹿や猪の巨体動物は来ていないかと・・



ウサギの糞みたいなのいっぱいあったから

小動物たちは自由に来てる感じです


ウサギが楮の味を知ってしまったのかも♪

とかわいく終わらせたい気持ちでいっぱいだけど

あの足跡、なかなかの大きさだったもんねー



確かにクマっぽいような・・・


赤外線カメラを設置したいところです(^O^)




アレキサンダー、連れてくるの忘れた(汗)