③ 友人がいての孤独

③ 友人がいての孤独

友達というのは

コミュ二ティから派生する関係ですね

そのコミュニテイは学校だったり

職場だったり

バイト先や

サークルだったり

ママ友だったり

町内会だったり

様々なセミナーだったり

そんなたくさんのグループの中で

「ん?なんか波長があうかも・・」

「そういえば話がはずむなあ」

と、話す機会が増えていき

”仲が良くなる”といった状態に

進化していくと思います。

でもこの友人関係も

実は確証が持てないことも

あなたは知っていますよね

ちょっとしたことで簡単に壊れてしまうことも

あるからです

いや、私は大切な友人が何人かいて

とても強い絆だから壊れてることはありません。

とおっしゃるあなた

それはそれでとても幸せなことですね、

全然問題ないと思います。

もちろんそれも理想の形ではありますが

やはり色々なことが起こってしまい

友人関係にヒビが入ってしまった。

あんなに仲が良かったのにってこと

多くの方が経験していると思います

また、同じ仲間内でも

自分だけ声がかからないとか

とてもよくある話ですが

胸が痛くなりますね

それでも一人になる寂しさよりマシと

必死で仲間との距離感を

頑張るのもすご~くわかります

でも結果傷を負うのなら

友人がいる中で感じる

大きな孤独感

時にナイフのように鋭く胸に

突き刺さってしまい

そんな辛い状態だけど

そのナイフを抜いていくれる友が・・

あれ!?いない!!

助け船出してくれる友が

いなかったりしますよね・・・。

さらにそのナイフを

ぐりぐりとかき回す強者がいたり、

その傷口に塩を塗り込む強者がいたり、

またその様子を見て喜ぶものがいたり、

うわー、自分じゃなくて良かったーって

胸をなでおろすものがいたり、

「あー!もう一人で良ぐね???」

と激しく思ったことあります。


注:女同士の大変さと素晴らしさは

別枠で明るく楽しく書き連ねていく予定です。

お時間のある時にプラッと寄ってね♪