アオサギのアオくん

ここは『たぎゃ~市』 路地裏☆照会の近くには 中元寺川がゆったりと流れている ここは何を隠そう 水鳥たちがとても多いのだ カモやガンはもちろん サギのコロニーがあったり カワウが集団で羽を拡げて 日向ぼっこしていたり 鳥たちの観察にはもってこい 中でも私の大好きなアオサギが 時々姿を現わす 見た目はグレーと黒と白の毛 飛び方はプテラノドンそっくりで 悠々と空から降りてくる この孤高の鳥 アオサギのアオくんは ほぼほぼ単独行動なのだ 餌場にたまたま 数匹のアオサギを見ることはあっても 単独行動が多く用心深い 何とか近くでの撮影を試みるも カメラをそっと出そうとする動きでさえ 一瞬で飛び去ってしまう 以前 田んぼの中の道を ゆっくりと走っていた時 前方の道路沿いに 置物のようにきれいな鳥を見つけ 少しずつスピードを落としながら その鳥の横に静かに車を停める 置物は美しい一羽のアオサギだった 信じられない至近距離! 助手席をはさんで向こう側に アオサギのアオくんがいる!! 3メートル圏内だ! 今までで最も近い! アオくんは微動だにせず 必死で気配を消している そりゃそうだ 人間なんて害しかないのだ そっとカメラを出そうと ポケットに手を入れる小さな動きで さっとアオくんは飛びたっていった アオくん 驚かしてごめんよ ちょっと残念だけど これでいいのだ 望遠カメラは抜きにして なかなか写真を撮らせてくれないことが アオくんとの絶妙な距離感 可愛がってくれると思いきや 糞や農地を荒らすなど 害鳥に指定されたり 一瞬一瞬を 命がけで生きている野生の生き物たち 人間と仲良くなる必要なんてないのだ とはいえアオくん 君はあまりに魅力的だよ 餌付けはしないけど 時々遠くから眺めさせておくれ